2016年前レジャー記(3日目)

どうもこんばんはこんにちは。 I'mひらい。

テストとその他もろもろに追われて更新できていませんでしたが、

バイト中にゆきみくんに「ひらりーさんブログ完全に止まりましたね」って言われて思い出したので

テストとかほとんど終わったのでまた書いていこうかな、と思います!いえーーーーーい!!




******************************
8月17日(前レジャー3日目)

この日はめっちゃ悪いハプニングとかもなく、非常に良い1日でした。


まず、ネカフェで7時に目覚めたところから始まります。

そして優雅に朝のロイヤルミルクティーを飲みました。
ネカフェで。


全員が外へ出て集合したのは9時頃で、そこから45分ぐらい後に出発しました。


この日の班は、


【私(ひらい)、たけしまさん、みどりさん、さやかちゃん】



【みつこさん、ちはるさん、こばやしくん、ふじわらくん、ゆうなちゃん】


という2班に分かれました。


後から判明したことなのですが、さやかちゃんが間違って私の班に来てたみたいで、

実はさやかちゃんとゆうなちゃんは班が逆だったみたいです。笑



走っていると、11時前から小雨が降り出して、

「今日は雨ランになるのか・・・?!」

と身構えていたのですが、幸いなことに30分ほどで止んでくれました。


しかも、その後くもりだったおかげで、まっ昼間のそこまで熱くならずありがたかったです。



11時すぎに、コメダ珈琲によりました。


後ろの班がミニストップによってスイーツを食べているというLINEをみて、

じゃあ私らもいい感じのところで休憩するかー!ってなったのが理由だったのですが、

結局コメダでお昼ごはんも食べました。


食べていたら、途中で後ろの班もコメダに来て、

座ったテーブルは違うものの結局全員コメダでお昼ごはんを食べたことになりました。




コメダに寄ったあと、美濃のうだつの町に観光にいきました。


岐阜、というか美濃は和紙で有名な場所のようで、

和紙のお店がたくさん並んでいました。


ただ、お盆明けの振替休日で、ほとんどのお店が閉まっていたのが残念でした。


まあ結局、時間があまりなかったので、

もし開いていてもそんなに見て回れなかったでしょうけど。



うだつの町の中のいくつか回ったお店で、

一番印象に残ってよかったのは

「あかりアート館」

でした。


1階がショップで、2階が展示場になっていて、

2階の展示場は薄暗く、

和紙で作られたかっこいい作品や精巧ですごい作品、そしてそれを照らすあかりがあって、

とても雰囲気のある、素晴らしいところでした。


あかりアート館を出たのは4時前で、

4時半には美濃を出てコインランドリーに行かないと夜までに宿につけない!

ってなって、

他に多くの店にはよらず、美濃の町を出ました。


美濃の町は古い町並みがすてきなとても良いところだったとおもいます。



コインランドリーはイオンの近くにあったので、

回している間に、イオンに夜ご飯の食材を買いにいきました。


ゲストハウスのキッチンを借りれるということで、

じゃあみんなで作って食べよう!

ってなり、

夜ご飯はカレー、朝ごはんはサンドイッチをつくることになりました。


この日、私が履いてきた1足目の青いサンダルのベルトが壊れてしまい、

コインランドリーで洗い上がるのを待っている間に縫おうとチャレンジしていました。


ツアー用に買ったサンダルでまだ3日間しか履いていないというのに壊れてしまって、

結構ショックでした。


結局縫うのはうまくいかず、百均で買った安全ピンで補強、って形で、

ギリギリ履ける状態をなんとか維持して、

同じく百均で購入したアメリカっぽい海っぽいフラッグを荷物につけてひらひらさせながら、

ゲストハウスまでこいでいきました。


さやかちゃんは水色と白色のヒトデの飾りを飾っていました。

なんかそういう飾りつけして走るのって楽しいですよね。

今年は何にしよう(^O^)



イオンで食材を買ったあと、まっすぐゲストハウスにむかいました。


ゲストハウスまではゆるやかな上り坂で、

まあ、

しんどかった気がしないこともないです。


漕いでいる途中で左を向くと畑のなかに野生のサルがいました。


ゲストハウスに向かっている途中で19時を回り、

この日もナイトランを行うことになりましたが、楽しかったのでよしです。


川沿いを走るのは涼しくてすごく気持ちよかったですし、

途中の道でたくさんの電球で飾られた吊り橋のような橋?も

なんかすごく綺麗でした。


私の班がゲストハウスに着くと、もう既にもう一つの班が到着していて、

後からきた私たちは、

ゲストハウスのオーナである、いけさんに設備の使い方の説明を受けました。


私はこの時はじめてゲストハウスというものに泊まったのですが、

ゲストハウスってどこもオーナーの家の一部を貸し出すって感じなのでしょうか?


この日とまったいけさんのゲストハウス「笑び」は、

談話室のような、リビングのような場所があって、

その談話室で泊まっている旅人同士が集まって話し合ったりすることもあるみたいです。


私たちが泊まった日は、私たち9人と研修中の人しかいませんでしたが、

いろんなところを旅した人と夜にゆっくり話し合ったりするのは、

すごく楽しそうだと思いました。



ゲストハウスでは、一人ずつシャワーを浴びながら夏野菜カレーを作りました。


ちはるさんが率先して料理をしてくれて、

私は手持ち無沙汰でどうしよっかなーって状態だったのですが、

最後の方は野菜を焼いたり、他にも色々手伝えてよかったです。


しかも、いけさんが味付けや調理などめちゃくちゃ手伝って下さったり、

外で食べれるように準備もしてくださったり、食べるようのスプーンや紙皿もだしてくださって、

もういたれりつくせりって感じでした。


いけさん、気さくで明るくて本当に良い方でした。


一番驚いたことは、出身が私と同じ都道府県で、市まで同じだったことです。


なまりでなんとなく、地方もあの辺りかなーって思って聞いてみたら、

私の母と同じ中学で、学年が1つ違うだけですごく驚きでした。


久々に、それも旅先でであった同郷の方だったので、

カレーを作っている間、しばらく地元トークでもりあがりました。



外でみんなでカレーを食べ、23時頃まで外で話し込みました。


今まで「笑び」に泊まりに来たかたの話や、

他愛もない話で盛り上がり、とても楽しかったです。


こばやしくんが来る途中でお酒を買っててくれていたので、

それを酌み交わしつつ、、、という感じで。


一段落して、みんなが中にはいった後、

談話室?ダイニング?で紅茶を飲みながら、いけさんと少し話して、みんなは寝床に入りました。


3年生は少し次の日以降の打ち合わせなどをしていたみたいですが、

深夜1時すぎには、みんな寝てしまったようです。


次の日(4日目)からは坂道が多いという話を聞いて、

がんばろう、まあなんだかんだで楽しいだろ!

って感じでワクワクしながら眠りにつきました。









スポンサーサイト

ひっそりと更新

こんちわ。菊地です。
今回はツアーに持ってくと便利なものを紹介したいと思います。
過去のブログでも先輩方が紹介してるみたいなので、なるべく被らないように挙げてきます。

まず"セームタオル"
コイツは水泳をやってる人が使うタオルなんですが、吸水性が高く、絞るとまた使えるようになる魔法のタオルです。バスタオルとかより小さいので嵩張りません。キャリアに括りつけとけば乾くし。超オススメです。

もう一つは"ラダーロックストラップ"です。
なんじゃそりゃって方が多いと思います。説明しづらいのでググってください。ゴム紐よりもびしっと固定出来て安心できます。輪行中にキャリアを肩から下げれるようになるので地味に便利です。工夫によっちゃあ色々使えます。

あとは手ぬぐいとかが便利なんじゃないでしょうか。また思いついたら書きます。

2016年前レジャー記(2日目)

どおうも、ぶちょうのひらいです。

連投です。

一日1記事だとテスト期間にさしかかってしまいそう&あきちゃいそうなので

******************************
8月17日(前レジャー2日目)


この日は大変な1日でした。

でもまあ、ちゃんと前レジャー班全員と合流できたのは良かったかな。
泊まる場所もちゃんと決まりましたし。


まず、この日はこばやしくんの家で5時におきて、6:15に小林くんのお母さんに駅まで車で送ってもらいました。
どしゃぶりというわけではなかったのですが、雨が普通に降っていました。


そしてそれからまた輪行。
この日は名古屋近辺まで向かいます。

昨日の輪行による肩と手の痛さはやっぱり1日寝たぐらいでは治ってくれず…。


電車ではまたスマホ…は充電が危なかったのであまり触りませんでした。
そのかわりに、読書したり、こばやしくんと相関図描き遊びしたり。

あと、公園の滑り台や自転車をどうやって破壊するかっていうわけのわからない話をして時間をつぶしました。


浜松とか豊橋のあたりは外国の人が多かったなぁ。
おそらく5カ国後ぐらい1日で聞いた気がします。


それから、この日は電車の壁にもたれかかれない時が何回かあって、オルトリーブ(自転車用防水バッグ)と自転車をおさえながら長時間たっていないといけないのは辛かったです。

でもやっぱり一番つらいのはホーム移動で。

乗り換えの際にホームが違ったら、エスカレーターとかエレベーターが使えたとしても、そこまで行くのが辛いのです。
めっちゃ疲れました。

1回だけ乗り換えが同じホームで、その時は超うれしかったです。



この日はキャンプ場でみんなと合流し、宿泊する予定で、もともとキャンプ場に近い姫駅というところで降りる予定だったのですが、姫駅に行くには金山駅から2回乗り換えをしなければならず、もう輪行がしんどかったので金山駅で降りて、キャンプ場まで自転車で向かうことにしました。
姫駅と比べて遠いとはいっても、金山からキャンプ場までは30~40kmぐらいだったので。

16:30ごろに金山駅を出てキャンプ場にむかいました。

夕方に近づいている時刻なのにものすごく暑くて、このあと温泉に着くまでの間で2Lぐらいの水分をとりました。


キャンプ場へ向かう途中、こばやしくんがなぜかフルーツ点で20本以上ついているであろう大きな房バナナを買っていました。


小林くんがバナナを買った後も、2人でずっとキャンプ場に向かってこいでいましたが、
到着予定がけっこう夜になりそうで、

「バーベキューできる設備があるらしい!借りてみんなでBBQしよう!」という話の流れだったことを思い出して、
「私たちが遅いせいでBBQできない…(涙)」
と思って悲しくなったのですが、このあとすぐ結局まだほかのメンバーも到着できていなかったということがわかりました。


2人でこいでる途中、こばやしくんのスマホに電話がかかってきて、ほかのメンバーの居場所を確認すると、近くにいることがわかり、
少し進んだ先で竹島さん、藤原くん、みつこさんと合流して5人になりました。

だいたいこの辺で19時をまわり、日が落ちて暗くなってきたのでナイトランとなりました。


この時点で、残りの4人はもっと先に進んでいるとおもっていましたが、実際はその逆で、私たちの後ろのほうにいてたみたいです。



まあ、合流して5人でキャンプ場に向かうことになったまでは良いとして。

みんなで漕ぎ出してすぐ、私は輪行の疲れ、手の痛み、バナナ以外なにも食べていなかったのとで全然スピードを出せず、
ちょっとした坂道に入るたびに、どんどん引き離されていく…。

小林くんは他のメンバーについていける体力があったと思うのですが、ちぎられている私と一緒にずっとのろのろ走ってくれました。



それから緩やかな上り坂をこぐこと数km…

途中、左に曲がるところを竹島さん、藤原くん、みつこさんの3人がまっすぐに行ってしまいました。
(後からまっすぐでも行ける道があったらしいことが発覚したのですが)

私とこばやしくんはスピードについていけず後ろの方で走っていたので、よんでも声が届かず…



それで、私とこばやしくんだけが一旦左の道にすすんでのぼり続けました。

しかし、道はあっているはずなのですが、途中からアスファルトではなく土の道になり。

放し飼いの犬を見つけて、こっちに向かって走ってくるのではないかという恐怖と戦いながらのぼりましたが、
登った先はそこはこの日まで降っていた雨で水が溜まり沼のようになっていて。


そこに自転車でつっこんでいったアホな私はスネの真ん中あたりまで泥水につかって足がグチョグチョに汚れてしまいました。


道案内のこばやしくんは申し訳なさそうに謝ってくれましたが、私が勝手につっこんだのだし、道はまちがっていなかったのだから別に気にしなくてよいのに。


まあそういうことで、これ以上先には進めないぞ、やめようってなってくだっていくと、先に行ってしまった3人が戻ってきたらしく、こちらに向かって登ってきていたので、また合流することができました。

私が状況説明すると、当然ですが、かなりショックをうけていることがみてとれました。


特にダメージがでかかったのは竹島さんだろうなぁ。

今回の太平洋前レジャーを企画して、キャンプ場をとったりしたのは竹島さんだったので。


道が通れないことが発覚してから、キャンプ場に電話したり大変そうでしたし、
なにより、みんなを連れてきておいて、今日は泊まる予定だった場所に止まれなくなったっていうのはとても辛いことだと思います。


フェリーも欠航になるし、とても災難でしたね。


私は何ができるかよくわからなかったので、せめて班員のピリピリを防ぐムードメーカーになれるように努力しようと思ったことを覚えています。



結局、この日はキャンプ場をキャンセルして、温泉に行ってネカフェに泊まろう、ということになりました。


温泉に行くまでも、ちょっと道を間違えてしまって大変でしたが、なんとかたどりつくことができました。
残りの4人とは温泉で合流。

その4人は道を間違えずに温泉までたどりついたみたいですごいなぁ。


温泉には22時前に到着。

みんな食事をしていなかったので、温泉のあとは、23時以降もあいている元祖タンメン屋というお店をなんとかみつけ、
みんなでラーメンを食べにいきました。

少し混んでいて待ちましたが、テーブル席でみんなで座って食べることができました。

私にとってはこばやしくんのおうちでの晩御飯以来のまともな食事でめちゃくちゃ美味しかったです。


そしてようやくネカフェに向かい、寝ることになりました。



そういうわけでこの日は色々大変で、みんな疲れはしたみたいですが、

結局はいろんなトラブルも含めて前レジャーを楽しんでいる良い雰囲気だったように思います。

2016年前レジャー記(1日目)

ども、部長の平井です。


特に「やめとけ!」という意見もなかったことですので、

2016年の前レジャーとツアーについて、

私が日々綴っていた日記を書きおこしていこうかと思います。

ぜひ、これからの夏ツアーの参考にしてください。



******************************
2016年は太平洋前レジャーと日本海前レジャーがありました。
私は太平洋前レジャーに参加しました。

(太平洋前レジャー構成)
女子 1年2人(さやかちゃん、ゆうなちゃん) 2年1人(私) 3年3人(みつこさん、みどりさん、ちはるさん)
男子 1年0人 2年2人(小林くん、藤原くん) 3年1人(竹島さん)
合計9人
******************************

8月16日(前レジャー1日目)


この日は出発日。

私はこの日寮の役員会でした。

予定では朝からお昼までかかると聞かされていたので他の7人とは別でいくことにしたのですが、10時半頃に会議は終わり、もしフェリーだったら乗れる時間帯に間に合ったのになぁ、、、と。
結局はフェリーは欠航になってしまったので、無理だったのですが。


私と小林くんはもともとこの日のお昼すぎに電車で出発する予定だったのでよいのですが、他の7人はフェリーを楽しみにしていたみたいなのでかわいそうでした。
特にさやかちゃんはすごくショックをうけていたみたいなので。


それで、竹島さんと藤原くんとみつこさんはこの日、始発の電車で名古屋まで向かったようです。
私は7時に起きたのでその時間は爆睡していましたが。

ほかの女子4人は前日に自走で仙台近辺まで向かったようです。


寮の役員会が終わってから、私はにゅうめんを食べ、洗濯をし、12時ぐらいに出発しました。

2週間以上部屋をあけることになるので、冷蔵庫の中の食材を使いきろうと思って、全部消費しようと思って食べ勧めていましたが、結局マヨネーズとみそと梅干を食べきることができなかったので、寮の共用冷蔵庫にいれました。
(冷蔵庫の個人での使用期限は1週間なのですが、当時管理者が私だったのでいっかと思って、、、というのは秘密)

冷蔵庫の食材の心配がなくなったので安心してブレーカを落として部屋をでました。


倉庫で小林くんと合流して、盛岡駅に到着したのは12:20ぐらいでした。
輪行のために輪行袋に自転車をいれたりして、13:00頃には駅の中へ。

輪行作業に慣れていなかったのと、ツアーのための荷物が多いのでけっこう時間がかかってしまったなぁ。
小林くんに荷物運びを手伝ってもらったのは助かりました。

それにしても荷物は自分の中では最低限にしたつもりなのに、どうしてあんなに多くなってしまったんだろう・・・?

不思議だ。

この年は銀マットを持っていかないことにしたのでかさは少なくなったの思ったんですが。
シュラフ(寝袋のこと)でかすぎ??


まず私たち2人は電車で小林くんの家に泊まりに、栃木にむかいました。

乗り換えは4,5回でしたが、毎回次の電車が来るホームがちがったので、自転車と荷物をもってエレベーターやエスカレーターを移動するのはかなり疲れました。
右肩で自転車をさげていたので、右肩には結構なアザが・・・・・
ノースリーブを着る予定はなかったので見た目の問題はなかったのが幸いです。

そういえば盛岡駅で小林くんがホームを盛大に間違えていたのは笑いました。
というか私が全く乗り換え等を調べていなかったので、確認しようがなかったという原因もありますが。


到着予定は21:45で、到着前にはめちゃくちゃ空腹でした。
途中仙台のパン屋さんであって食べたパン1個では足りなかったみたいで。

どうでもいいけどこの日、小牛田という地名を「こごた」って読むことはじめて知りました。


電車の中は暇すぎて、小説を読んだりスマホを触ったりしていました。
そのおかげでスマホもモバイルバッテリーも充電がなくなってしまいました。
そんなに何をしてたのかというと、写真の整理をしたり、LINEやTwitter、あと怖い話をずっとよんでたりしました。

それに、これからの前レジャーやツアーのことを考えてたり。
暇すぎると、はやくみんなと合流してキャンプしたいなーとか話したいなー!とか自然とずっと考えてしまうものなんですよね。

なんにせよ、長期の旅行やツアーをする時は、モバイルバッテリーは2回分以上容量のあるものがオススメです。



こばやしくんのご家族はめっちゃ陽気でいい人たちでした!
しかも、小林くんのおばあさま手作りのおつけものや、お寿司を振舞ってもらったり。
ビールや日本酒もいただいて、いたれりつくせりでした・・・!

あと、実感したのが、お風呂ってやっぱり最高だなぁってこと。
浴槽には浸かりませんでしたが、たとえシャワーでもゆっくり入れたら1日の疲れがとれる気がします。


私は客間で寝かせていただきました。
完全に一人用の部屋で、ビジネスホテルみたいで鍵もかけられる素敵でした。

この日は輪行しかしていなかったとはいえ、アザもできたり色々と疲れました。
次の日は小林くんのお母様が駅まで送ってれると言ってくださったので、ものすごくありがたかったです。


またこの日は、自分の体力の無さというか、男子と比べるとどうしても全然力がないことを思い知った日でもありました。
密かに筋トレをしようと決意を固め…。


明日ちゃんと起きれますように。
早くみんなと会いたいなぁ。

と思いながら眠りにつきました。

ツアーのすゝめ

ツアー案作成、再試、演習でボロボロの藤原です。
さてさて、ツアーの時期がやってまいりました。今年は北海道ということで
行きたい場所を決めるためにググったりました。

個人的にいきたいスポットベスト3

第三位 えりも岬

強風で有名な、とりあえず景色がいいスポット
erimo.png

第二位 宗谷岬
最北端の地
wakkanai_souyamisaki009-copy.jpg

次回に続く
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR